あの人今何してるの?

かつて一世を風靡した人達を追い続けるハードコアな独り言の数々

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: ジェレミー・ジョーダン

Comment (2)  Trackback (0)

ジェレミー・ジョーダンが復活!

Jeremy_Jordan_Award_Ad.jpg


名曲「The Right Kind Of Love」で知られるジェレミー・ジョーダン。

彼は1999年以降、シーンから完全に遠ざかっていましたが、2009年から本格的に活動を再開させています! まず音楽活動のほうでは、かれこれ10年ぶりとなるシングル「Forgotten People」を2009年にリリース。こちらの曲はituneにて配信中です。

Jeremy Jordan - Forgotton People
Jeremy_Jordan_Forgotten_People.jpg

デビューアルバムのときのような、いわゆるポップなR&B路線とは異なり、アコースティックなソフトロック調の音楽になっています。 元々彼がやりたかった音楽というのが、この路線だったのだと思われます。 また、Jeremy Jordan Bandというバンドを組んで、ロサンゼルスを拠点にライブ活動などを精力的に行っているようです。

そして俳優業のほうでは、今年から来年にかけてアメリカで公開予定の以下の2本の映画に出演しています。

・2010年 「The Absent 
・2011年 「Raspberry & Lavender: Diaries of a Lavender Girl」

どちらもメジャー配給の映画ではないので、日本での劇場公開はなさそうですが、彼がこうして銀幕に戻ってきたのが何より朗報です。 それ以外でも、ハリウッドにあるコメディクラブのホストを務めたり、ホースレース場での国歌斉唱をしたりと、新しいマネージメント会社のもと、色々と活動の場を広げています。

Jeremy_Jordan_FanClub.jpg

ジェレミーの関連サイトもいくつかご紹介しましょう。

まず最初に是非ご紹介したいのが、Facebookにある彼のファンクラブのコミュです。こちらには本国アメリカのジェレミーファン達を中心に、ジェレミーの最近の活動状況や写真が日々アップされています。ジェレミーの最新ニュースを知りたい時などは、是非チェックしてみてください。一般公開のサイトなので、Facebookにアカウントをお持ちでない方でも見れるはずです。
(SUM様、とっても貴重な情報ありがとうございました!)

Facebook.com - Jeremy Jordan Fanclub

また、ジェレミーのオフィシャルMyspaceも開設されています。

Myspace.com - Jeremy Jordan
Myspace.com - Jeremy Jordan Band

Pファンク界の重鎮、ブーツィー・コリンズとジェレミーが一緒に写っている写真なども彼のマイスペースにアップされていました。

Jeremy_Jordan_And_Bootsy_Collins.jpg

彼が元気に活動していることを知れて本当にうれしかったです。 そして、今なおたくさんの方々がジェレミーの情報や、その想いをこちらに寄せていただいて、本当にジェレミーのファンがたくさんいらっしゃるんだなと日々実感しています。 新しいスタートを切ったジェレミーに少しでも私たちの応援が届ければいいなと思っています。がんばれジェレミー!




=2 =0
スポンサーサイト

Category: ジェレミー・ジョーダン

Comment (23)  Trackback (0)

Wanna Girl

Jeremy_Jordan_Wanna_Girl.jpg


1993年に Giant Records からデビューした白人シンガー
ジェレミー・ジョーダン (Jeremy Jordan)。 

アルバム1枚だけを残し忽然とシーンから姿を消してしまった彼ですが、そんな彼のデビューシングル 「Wanna Girl」 の貴重なPVを発見しました! 1993年にリリースされたこの曲はビルボードのシングルチャートで最高28位を記録するスマッシュヒットに。 当時全盛のNew Jack Swingテイストなビートにポップな要素を取り入れた作品に仕上がっています。

Jeremy Jordan - Wanna Girl


この曲をプロデュースしているのは キース・トーマス (Keith Thomas)。
これまでにホイットニー・ヒューストン、ブライアン・マクナイト、ヴァネッサ・ウィリアムスらをプロデュースし、7度もグラミー賞にノミネートされているベテランプロデューサーです。

Keith_Thomas_001.jpg

元々は父親の影響でゴスペルシンガーだったというキースは、その関係からか エイミー・グラント や BeBe Winasなど ゴスペルシンガーとの仕事が多いのですが、ここ最近はマンディー・ムーア、98 Degrees といったポップシンガーたちのプロデュースも手掛けているとか。 いわばキースにとってポップミュージックへの足掛かりとなったのは、このジェレミー・ジョーダンから始まったとも言えるでしょう。

Jeremy_Jordan_002.jpg

さて一方のジェレミー・ジョーダンですが、歌手から俳優に転向し 「25年目のキス」 などいくつかの映画に出演しますが、妻の死をきっかけに芸能界から引退。 その後目ぼしいニュースは一切入ってきません。 日本でも根強いファンがいる彼だけに、近い将来再び彼の勇姿をスクリーンで見られる日が来ることを期待して待ちましょう・・・



人気Blogランキングの応援クリックをお願いします

◎ 今日の独り言 ◎
ジェレミーの代表作 「The Right Kind Of Love」 は
ジャンルの枠を超えた隠れた名曲だと思っています (*´∇`*)

=23 =0

Category: ジェレミー・ジョーダン

Comment (11)  Trackback (0)

ジェレミー・ジョーダン 懐かしのPV発見

 
JeremyJordan_Gray.jpg


今から一年ほど前。
ジェレミー・ジョーダンについてのエントリを書きました。

それ以来 彼の情報を求めて私のブログに来てくださる方が たくさんいらっしゃいます。
ジェレミーが歌手活動から退いて早13年が経ちますが
改めて彼の根強い人気のスゴさを実感しています。

さて、彼の唯一のアルバム「Try My Love」の収録曲であり、ジェレミーの代表作とも言える
「The Right Kind Of Love」のPVがやっと見つかりました! このPVは以前からかなり捜していたんですが、長い間どこにもなかったので とても貴重な発見です。

Jeremy Jordan / The Right Kind Of Love


この曲が発表されたのは1993年。
かなり前に撮影されたPVなので弱冠の古臭さは否めませんが、
ジェレミーの力強い歌声が堪能できます。
白人のアイドルシンガーがここまで歌えるということで
当時はかなり騒がれたものです。

また、この曲は楽曲そのものが極めて良質な出来だったことも事実です。 
この曲をプロデュースしたのは、ロビー・ネビル(Robbie Nevil)

RobbieNevil.jpg

カルフォルニア州ロサンゼルス生まれのロビーは、11歳の頃からギターを始め、1986年にEMIより「Robbie Nevil」でソロデビューします。 このアルバムからシングルカットされた「C'Est la Vie」はビルボードチャートで2位を獲得。 その後2枚のアルバムをリリースしますが、どちらもセールス的には失敗し、彼はソングライター/プロデューサーとしての道を歩き始めます。 そのロック系な外見とは対照的に、彼の生み出す作品はR&Bテイスト溢れる楽曲が多く、これまでにもSWV、702、K-Ci&JoJo、Sam Walter、Earth Wind Fire、エル・デバージなど多くのR&B/SOULシンガーの作品に参加してきました。

RobbieNevil_2ndAlbum.jpg

最近では Jessica Simpson や Plus One など、もっぱらポップ畑でのお仕事が中心のようです。 あの松田聖子が2002年にアメリカで発表したアルバムにも、ロビーがプロデューサーとして参加していました。

80年代後半から音楽業界で活躍しているロビー・ネビル。20年という長いキャリアの中で、これまでの彼の仕事を振り返ってみると、やはりその全盛期は R&B嗜好が最も色濃く出ていた90年代にあったと思います。 ロビーにとってもこのジェレミー・ジョーダンの「The Right Kind Of Love」は代表作だったといえるでしょう。




(*´∇`*) クリックして頂けると嬉しいです (*´∇`*)

=11 =0

Category: ジェレミー・ジョーダン

Comment (0)  Trackback (0)

ジェレミー・ジョーダン式典出席

以前取り上げたジェレミー・ジョーダン(Jeremy Jordan)の最新情報です。

SaturnAward20050503.jpg

2005年5月3日に開催されたサターン賞に、ジェレミー・ジョーダンが出席しました。 サターン賞は日本ではいまいちマイナーですが、ホラーのアカデミー賞とよばれる授賞式で毎年1回アメリカで行われています。 一緒に写っている女性はハリウッド女優のアリシア・アーデン(Alicia Arden)(写真上)とクリスタ・キャンベル(Christa Campbell)(写真下)です。

SaturnAward20050501.jpg

どのような経緯で彼が式典に出席したのかは不明ですが、ドラックによるトラブル以来、彼が公の場に現れたのは5年ぶりではないでしょうか。 どうやら彼の映画界へのカムバックはもうすぐのようですね。




=0 =0

プロフィール

管理人ケリー

  • Author:管理人ケリー
  • Authorのプロフィール:
    【好きな音楽】 NewJackSwing
    【好きなSinger】 Jodeci
    【好きなRapper】 Father MC
    【好きな映画】 Heat
    【好きな俳優】 Edward Norton
    【好きなType】 Mayte Gracia
    【趣味】 Chill out at cafe
    【特技】 Hip Hop Dance
FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。