あの人今何してるの?

かつて一世を風靡した人達を追い続けるハードコアな独り言の数々

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: R&B全般

Comment (8)  Trackback (0)

メジャーデビューを賭けて最後の勝負

NLT_She_Said_I_Said_001.jpg


「 白人版B2K 」との呼び声が高いNLT
そんな彼らが今 正念場に立たされています。

当初の予定では今年の6月に Geffen Records よりアルバムデビューする予定だったのですが、先攻シングル「 That Girl 」の売り上げが芳しくなく、アルバム発売は延期されてしました。 今月セカンドシングルとなる「 She Said, I Said 」のPVが公開され、itune にてデジタルリリースされました。 おそらくこのシングルの結果により今後の彼らの進退が決まると思われます。

この曲のプロデュースはティンバーランド。 オマリオンの「 Ice Box 」に ジャスティン・ティンバーレイクの「 Cry Me River 」を合わせたような、ロービートが印象的なバラードです。 とにかく楽曲の出来はすこぶる良い。 そのままジャスティンのアルバムに入っていても何ら違和感ないような Pop~R&B テイストの溢れる良作に仕上がっています。

NLT - She Said, I Said


このPVの監督も務めたクリス・ストークスは、NLTの発掘者であり、彼らのマネージャーでもあります。 彼が運営するレーベル TUG は、B2K解散後 その後釜としてこの NLT に白羽の矢を立てました。 しかしその期待に答えられるかどうかは、メジャーのデビューというのが必須条件になってきます。 過去のTUG所属アーティスを振り返ってみてもインディーズからアルバムリリースしたアーティストはいません。 当初メジャー契約を持っていたアーティスト達も、メジャーからアルバムリリースが見送られた時点で TUG からも契約を切られています。 (過去の該当例として TG4、Dame Four、Jhene、Karma など数知れず) いうなれば彼らが Geffen Records からのアルバムデビューを実現できなければ、同時に TUG からも姿を消すことになるでしょう。

NLT_She_Said_I_Said_002.jpg

さすがクリス・ストークスが認めただけあってNLTの歌唱力・ダンスの実力はなかなかのものです。 しかし一番の問題はそのルックスからくる軟弱なイメージでしょうか。 アメリカでは既に BoyBand ブームは過去の遺物として捉えられています。 かつての飽和状態が裏目に出て、今日のマーケットではこの手のアーティスト達に対する風当たりは強く、かつてのような成功を収めるには非常に厳しい環境にあります。 このNLTにとっても、そんな偏見の壁が彼らの今後を阻む大きなハードルになることでしょう。

グループ発足から5年。 彼らは今大きなターニングポイントを迎えています。 デビューの夢を果たせず無念にも消えていった数多くのアクト達の一つとなるのか。 それとも B2K のような旋風を起こせるのか。 その答えはもう目の前まで迫ってきています。



人気Blogランキングの応援クリックをお願いします

◎ 今日の独り言 ◎
PVに出ているヒロイン役の女性は新鋭女優の Jannel Parrish です
彼女の主演映画「 Bratz 」のサントラにNLTが参加した縁でこのPVにも出演しています


=8 =0
スポンサーサイト

プロフィール

管理人ケリー

  • Author:管理人ケリー
  • Authorのプロフィール:
    【好きな音楽】 NewJackSwing
    【好きなSinger】 Jodeci
    【好きなRapper】 Father MC
    【好きな映画】 Heat
    【好きな俳優】 Edward Norton
    【好きなType】 Mayte Gracia
    【趣味】 Chill out at cafe
    【特技】 Hip Hop Dance
FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。