fc2ブログ

あの人今何してるの?

かつて一世を風靡した人達を追い続けるハードコアな独り言の数々

Category: 映画

Comment (0)  Trackback (0)

エミネム人形を操る大男

1999年のエミネムのシングル「 My Name Is
ドクタードレがプロデュースしたこの曲によりエミネムの名は全国区に広がりました。 
ところでこの曲のPVに出てくる背の高い人を覚えていますか?

Gheorghe_Muresan_002.jpg Gheorghe_Muresan_001.jpg

彼の名前はジョージ・ミュアサン ( Gheorghe Muresan )
ルーマニア出身の元NBAプレイヤーです。 なんと身長231cm。 NBAの最高身長記録を塗り替えた人物です。 1993年~2000年までNBAでプレイしました。 決してシャキール・オニールのようなパワフルな点取り屋ではないものの、常に安定した活躍を見せ、怪我から見事に復帰した1996年には「NBA's Most Improved Player」を受賞するなど、なかなかの活躍を見せてくれました。  そして何よりも彼のおっとりした人柄が人々から好まれ、前述のエミネムのPVをはじめ、テレビCMや映画にも出演しています。 なかでも1999年に劇場公開されたビリー・クリスタル主演のコメディ映画「My Giant」が有名です。

Gheorghe_Muresan_My_Giant.jpg

さて、このミュアサンの身長をさらに上回る選手が出現しました。 
彼の名前はサン・ミン・ミン( Sun Ming Ming )。 身長236cmの現在24歳です。 1983年に中国で生まれた彼は、NBA入りを目指して2005年に渡米。 現地でレイカーズのトライアウトを受けますが入団には至りませんでした。 それでも夢をあきらめ切れない彼は、アメリカの独立リーグUSBLとABAを渡り歩き、現在はメキシコリーグで武者修行中です。 

Sun_Ming_Ming_004.jpg

バスケプレイヤーとしてはまだ無名の彼ですが、その話題性とキャラクターがウケてアメリカのメディアでは度々取り上げられています。 彼のキャラに合わせたような、 のほほん とした雰囲気の漂うオフィシャルサイトも開設されました。 2006年には人気トーク番組 Jimmy Kimmel Show にゲスト出演し、スタジオで Jimmy氏とバスケ対決。 2007年には「Rsuh Hour 3」へ出演し、あのジャッキー・チェンと拳を交えました。

Rush Hour 3 - Sun Ming Ming


この格闘シーンは監督のブラット・ラットナーが大好きだというブルース・リーの映画「死亡遊戯」の中で、ブルース・リーが当時のNBAスター選手カリーム・アブデゥル・ジャバーと戦うシーンをオマージュしたものです。 ハリウッドで行われた「 Rush Hour 3 」の試写会では、サン・ミン・ミンは大人気。 観衆からサイン攻めにあっていました。 多くの人から写真をねだられても笑顔で全員に応じている彼の姿がとっても印象的でした。 

Sun_Ming_Ming_003.jpg

さて本業のバスケのほうですが、バスケを始めたのが高校からいうこともあり、まだスキル不足が目立ちます。 また、アメリカの屈強なプレイヤー達と戦うにはスピードとパワーも必要です。

「 昔からマイケル・ジョーダンの大ファンなんだ。
 それからティム・ダンカン や ヤオ・ミンも好きだよ。
 彼らといつかNBAで一緒にプレイするのが夢なんだ。」

一部の批評家からは「NBA入りは不可能」との冷たい声もありますが、故郷を離れ言葉も通じない異国の地で、夢を目指してひたむきに頑張っている彼の姿を見ると応援せずにはいられません。

Sun_Ming_Ming_002.jpg

以前バスケ漫画「スラムダンク」で、周囲から「 あいつはただデカイだけだ 」と影口を叩かれ悔し涙を流す魚住に、監督が「 その身長はお前の才能なんだ 」と励ますシーンがありました。 サン・ミン・ミンは背伸びするだけでダンクが出来るという類稀なる武器があります。 NBA入りを果たすには まだ長い長い道のりを進むことになりますが、温かい目で応援したいです。 
頑張れサン・ミン・ミン! (ノ´▽`)ノ



人気Blogランキングの応援クリックをお願いします

◎ 今日の独り言 ◎
サン・ミン・ミンはその大きな体に合う洋服を捜すのに毎回苦労しているそうで
最近はもっぱらインターネットの専門サイトで購入しているそうです (*´∇`*)


=0 =0
スポンサーサイト




Category: 映画

Comment (2)  Trackback (0)

映画「ゴッドファーザー」の公式ゲーム

Godfather_Game_001.jpg


ギャング映画が大好きな私は、暇さえあれば「ゴッドファーザー」のDVDを何度も繰り返し見たりするほどの大ファンなんですが、なんと公式ゲームが出ているそうです。 

ELECTRONIC ARTS - The Godfather The Game

映画の著作権を保有しているパラマウントピクチャーズ公認のゲームなので、キャラクター、声、BGMなど映画で使用されたものがそのまま出てきます。 素晴らしいCG技術でマーロン・ブランドやジェームス・カーンなどそっくりに再現されています。 ( 但し何故かアル・パチーノのみ顔・声が変えられています )

Godfather_Game_Don_Vito_Corleone.jpg Godfather_Game_Sonny_Corleone.jpg

ゲームの主人公は映画には出てこないオリジナルのキャラクターです。 コルレオーネファミリーに仕える主人公が、ファミリーの更なる勢力拡大の為、与えられた仕事( 金の徴収、警察の買収、敵対勢力の暗殺など )を着実にこなして行き、上層部からリスペクトを得て徐々に成り上がっていくことにより物語は進展していきます。

The Godfather The Game - Trailer


PC版、プレイステーション版、XBOX版が出ていて、お値段は7000円前後。
これは映画ファンなら誰もがやってみたくなりますね。

但し個人的に心配事が一つ。 実は私ゲームを一切やらない人間なのです。 お恥ずかしながら最後に買ったゲームは、あの赤と白の初期ファミコンのスーパーマリオです。 「 最近のゲームはボタンが多すぎて難しいのぅ 」などと時代遅れなことをぼやく今日この頃なのでした・・・(+Д+)



人気Blogランキングの応援クリックをお願いします

◎ 今日の独り言 ◎
映画「スカーフェイス」の公式ゲームもあるそうですが日本語版は発売されていないようです



=2 =0

Category: バニラ・アイス

Comment (2)  Trackback (0)

チャックD 「俺はバニラアイスと契約したかった」

Chuck_D_Vanilla_Ice_001.jpg


パブリックエネミーのチャックD。 今も尚現役で音楽活動を続ける彼は、今年で47歳になる大ベテラン。 そんな彼はパブリックエネミー全盛時代に、当時まだ無名のバニラアイスと出会っていたそうです。 以下その貴重なインタビューの抜粋です。


-------------------------------------------------------------
エミネムについてどう思いますか?
-------------------------------------------------------------
彼のインタビューを見るといつも感じることなんだけど、あまり本音を語ろうとしないよね。 彼はすごい努力家でスキルもあるけど、自分のことを「 実力派白人ラッパーの第一人者 」のように思っているのならば、それは大きな間違えだ。 ヒップホップ界における白人ラッパーのパイオニア達は、ビースティーボーイズ、3rd Bass、バニラアイスであることを忘れてはならない。


-------------------------------------------------------------
バニラアイスですか? 彼のことを快く思っていない人は多いですが・・・
-------------------------------------------------------------
1987年に俺は初めてバニラアイスに会った。 奴が5人の黒人バックダンサー達を従えてパフォーマンスしている姿を見て正直驚いたよ。 まるでMCハマーの白人版みたいだった。 どの分野にも黒人みたいな白人はいるもんなんだな、と思ったね。 俺は奴と契約したかったんだ。 でもその時すでに奴は他のレーベルと契約を交わしていたので、実現できなかったんだ。 

奴がいずれ周囲からバッシングを受ける日が来ることは薄々分かっていたよ。 なぜならヒップホップは黒人中心の文化だからね。 奴のような白人ラッパーにとって風当たりの強い世界なんだ。 しかしあいつがデビューアルバムを22万枚も売ったというのは紛れもない事実だ。 それなのに多くの人は奴の功績を認めようとしない。 バニラアイスにしろ、MCハマーにしろ、先入観だけで否定するのはもう止めようぜ。 「 あいつらはゲットー出身じゃないからリアルじゃないよ 」とか言っている奴等の大半はゲットーのことを何も分かっていない。 そんな奴等こそ何がリアルかなんて分かってないケツの青いガキだったりするからな。




そう、チャックDは数少ないバニアライス擁護派なのです。 バニラアイスがかつて精神不安定になり自殺未遂を図った事を知ったチャックDは、バニラアイスのカムバックに快く力を貸しました。 2001年に発表されたバニラアイスのアルバム「 Bipolar 」に収録されている曲「 Elvis Killed Kennedy 」で2人は共演を果たしています。

思い起こせばパブリックエネミーはスラッシュメタルバンドの Anthrax と共演した「 Bring the Noise 」など、早い段階からロックとヒップホップの融合を試みていました。 一方のバニラアイスはミクスチャーロックへと転向し、Korn や Slip Knot との共演を果たしています。 そんな2人の音楽性に共通点は多いのかもしれませんね (*´∇`*)



人気Blogランキングの応援クリックをお願いします

◎ 今日の独り言 ◎
バニラアイスはウータンとも共演したことがありますよ d(゚∀゚)b


=2 =0

プロフィール

管理人ケリー

  • Author:管理人ケリー
  • Authorのプロフィール:
    【好きな音楽】 NewJackSwing
    【好きなSinger】 Jodeci
    【好きなRapper】 Father MC
    【好きな映画】 Heat
    【好きな俳優】 Edward Norton
    【好きなType】 Mayte Gracia
    【趣味】 Chill out at cafe
    【特技】 Hip Hop Dance
FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム