あの人今何してるの?

かつて一世を風靡した人達を追い続けるハードコアな独り言の数々

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: バニラ・アイス

Comment (2)  Trackback (0)

バニラ・アイス

20050625003752.jpg

バニラアイス(Vanilla Ice)って覚えていますか~??

MCハマーが人気全盛期の頃に出てきた白人ラッパーで、当時は「白いMCハマー」なんて言われてました。 彼あれからどうしたんでしょう? 今どうしてるんですかね? とういこうとで今日はバニラアイスについて焦点を当ててみました。



1. ある日突然スーパースターに

20050625004123.jpg


バニラアイスこと本名ロブ・バン・ウィンクル君は1968年フロリダ州マイアミ生まれ。 高校中退後、大好きだったラップで生計を立てることを決意。 地元マイアミのナイトクラブでラップを披露している時に、クラブオーナーからスカウトされる。 クラブオーナーが所有する小さなレコードレーベルSBKより、1989年にアルバム 「Hooked 」を リリース。 1stシングルとなった「Play That Funky Music」のセールスは芳しくなかった。

しかしある晩マジックが起こる。 
ローカルラジオのDJが、シングルのB面である「Ice Ice Baby」をA面と間違えてかけたことにより、「今かけた曲は何?」とリスナーから問い合わせが殺到。 地元レコード屋では瞬く間にソールドアウト。 白人がラップしている、という物珍しさも大きく作用し、噂は全国区へと広がっていく。 遂には大手レコード会社と契約を交わし、デビューアルバムに新曲を加えて1990年に「To The Extream」でメジャーデビュー。 そのアルバムはビルボード史上初めて1位を獲得したラップアルバムとなった。 その人気はとどまるところを知らず全世界で1500万枚の売上を達成。 つづいて主演映画の発表、自伝本の出版、アメリカン・ミュージック・アワード受賞、マドンナとの恋愛、と瞬く間にスターダムを上り詰めた。



2. 人気急降下

20050625004414.jpg


一部の間でバニラアイスバッシングが始まった。

「あいつは黒人の真似をしているだけ」
「ティーンネイジャー向けのアイドルラッパー」
「お粗末なラップスキル。白人だから売れてる。」

そんな中、マイアミの新聞記者が特大スクープを入手。 バニラアイスが発表した自伝 「 Ice By Ice 」の中でバニラアイスが語っている自らの生い立ちは偽証だらけで、全て事実無根であると紙面で発表されてしまう。

「 俺はゲットー育ち。周りは黒人ばかり。地元のギャング団の一員でもあった 」
「 高校のクラスメートは 2 Live Crewのルーク(=当時人気のあったラップグループ) 」
「 元モトクロスバイクの全米チャンピオン 」

これら発言の実際は全て逆。 彼は白人ばかりが住む中産階級育ちで、ギャング経験など皆無。 2 Live Crewのルークはバニラアイスより10歳以上年上な為、同級生であるはずが無い。 さらにはモトクロス協会の過去の優勝者リストに彼の名前などひとつも無いことが暴露され、瞬く間に「嘘つき野郎」扱いされる羽目に。 

一方のバニラアイスは「あの本は俺が書いたんじゃない。勝手にほかの誰かが書いて知らない間に発表されたんだ」と反論するも、彼の言葉を信じる者はもはや誰もいなかった。それを機にバニラアイスは一気に下降線を辿ることに。

20050625204029.jpg

災難はそれだけに留まらなかった。
「Ice Ice Baby」の中でサンプリングしたデビット・ボウイの曲「Under Pressure」の一部を許可を取らずに無断で使用していたことにより訴えられ敗訴。 さらにはアルバム製作時のプロデューサーとギャラの支払いに渡り揉め、元プロデューサが雇ったシュグ・ナイト(=のちのデスロウ社長)率いるギャングに奇襲され、ホテルのバルコニーから吊るされ「Ice Ice Baby」の権利書を恐喝されるという事件が勃発。 

1994年に発表したセカンドアルバム「Mind Blowin」は記録的な失敗作となり、発表後まもなくしてレコード会社との契約を切られる。 そんなトラブル続きの生活の中で、バニラアイスは現実逃避の為ドラックに身を投じていく。 ある晩彼はオーバードープで意識不明になり、自宅のバスルームで倒れているところを友人に発見される。 一命を取り留めたものの、バイラアイスの心にもう希望は無かった。



3. 救いの手

20050625020543.jpg


そんなある日、一本の電話がかかる。
「ロス・ロビンソンが一緒に仕事したいって言ってるんだけど・・・」

ロス・ロビンソンは、当時全盛のミクスチャー(ヒップホップとハードロックを融合させた音楽)界で知らないものはいない超一流プロデューサー。 Kornやリンプビズケットの作品を多く手がけ、ヒット曲を量産していた。 失うものは何もないバニラアイスは、ロス・ロビンソンのガイドの下、新しいジャンルでのアルバム製作に取り掛かる。 1998年には「Hard to Sawallow」を発表。 往来の重いヒップホップビートではなく、ギターやドラム音が鳴り響くハードなトラックに乗せて、バニラアイスのシャウトするようなラップが繰り出される。 

「音楽は今の俺にとってセラピーだよ。 過去に経験してきた怒りや失望を、曲に載せてシャウトしているんだ。」 

アルバムの売上、評判ともに上出来で、プロモーションツアーはソールドアウトが相次いだ。 

「昔はコンサートに来る観客はティンネイジャーの女の子ばかりが来てたけど、今は違う。タトゥーやピアスだらけの連中ばかりだよ。 いつもハードコアな奴等で溢れかえってる。」



4. 再起への道

20050625004431.jpg


少しずつ何かが変わり始めた。
1999年には、VH1のドキュメンタリー番組「Behind The Music」において、バニラアイスが取り上げられた。 これまで彼が歩んできた苦悩に満ちた波乱万丈の人生を、彼自身の言葉を交えて、包み隠さず打明けたこの番組は、放送終了後に大きな反響を呼んだ。 今まで非難やジョークの対象とされてきた彼に対して、世間の評価が少しずつ変わり始めたのだ。

2001年には二枚組の意欲作「Bipolar」を発表。
このアルバムにはチャックD(Public Enemy)、ラ・ザ・ダークマン(Wu Tang Clan)、ジョシュ・ブレインナード(Slipnot)、 インセイン・クラウン・ポッセ、といった超豪華客演人が軒並み参加している。 彼等は皆「Behind The Music」を見て、是非彼の作品に参加したいと申し出てきたという。

「再出発にあたって、Vanilla Iceって名前を変えたほうがいいって周りに言われたんだ。 昔のイメージが付きまとうから、マイナスだって。 でも絶対変えないよ。 過ちばかりを犯してきた過去は大嫌いだけど、当時の俺を知っている奴等に、今の俺を見て欲しいんだ。 本当の自分をね。 だからこそ、この名前でもう一度成り上がってやるよ。」 

人生の浮き沈みを経験し、生まれ変わったバニラアイスの発言はとても力強い。 そんなバニラアイスのニューアルバムが今年の8月にリリースされるとの最新情報を入手。 

嫌いじゃないです、こういう人。 

20050625020755.jpg

バニラアイスのオフィシャルサイト
http://www.vanillaice.com/



人気Blogランキングの応援クリックをお願いします

◎ 今日の独り言 ◎
当時はアイスやクールという名前を持つラッパーが多かったですよね
あと名前の前にMC~と付けるのもお約束でした
嗚呼懐かしい・・・(*´∇`*)

スポンサーサイト
=2 =0

Comments

takatin79さんへ
takatin79さん、はじめまして!
コメントありがとうございます!

そうそう、「8マイル」でバニラアイスを引用したシーンありましたね!

大抵フリースタイルバトルで、相手が白人ラッパーの場合、「バニラアイス」か「ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロック」を引用してディスします。 どちらも黒人の真似をしたアイドルだったので、「実力のないホモ野郎」みたいな意味合いで使うみたいですね・・・

実は、エミネムとバニラアイスの間でもビーフがあるんですよ。 お互い雑誌のインタビューや曲で地味にディスしあってます。 それはまた別の機会で取り上げたいと思ってます。

また気軽に遊び出に来てください。
それでは、それでは。
(ノ´▽`)ノ

はじめまして!記事よみました。おもろかったっす。8マイルのシーンでリケティがラビットに対して「白の仲間はバニラアイス!」とかいってののしってました。今までなんのこっちゃって思ってましたが、この記事を読んでやっと意味がわかってすっきりしましたよ~!






プロフィール

管理人ケリー

  • Author:管理人ケリー
  • Authorのプロフィール:
    【好きな音楽】 NewJackSwing
    【好きなSinger】 Jodeci
    【好きなRapper】 Father MC
    【好きな映画】 Heat
    【好きな俳優】 Edward Norton
    【好きなType】 Mayte Gracia
    【趣味】 Chill out at cafe
    【特技】 Hip Hop Dance
FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。