あの人今何してるの?

かつて一世を風靡した人達を追い続けるハードコアな独り言の数々

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: The White Rapper Show

Comment (4)  Trackback (0)

異色の優等生ラッパー

White_Rapper_Show_Jus_Rhymes_001.jpg


「お前がここまで勝ち残れたのは、単にラッキーだったとしか言いようがない。
 お前のラップは酷すぎるよ」

VH1の番組 「The White Rapper Show」 の中でMCサーチはこう酷評しました。 
こんなキツイ言葉を浴びせられながらもヒップホップを愛しているが故に、果敢に挑戦し続けたラッパーがいます。 彼の名前はJus Rhyme。

White_Rapper_Show_Jus_Rhymes_002.jpg

本名 Jeb Middlebrook。 現在27歳。
ミネソタ州出身の彼は現在カルフォルニアに居を構え、奨学金を得てUSC大学で民俗学を専攻する現役の大学院生です。 人柄はとても真面目で常に礼儀正しい好青年。 何に対しても一生懸命なのが彼の取り柄です。

そんなラッパーらしからぬプロフィールを持つ彼ですが、普段はAR-15というラップグループの一員として活動し、人種差別の反対や、子供達にポジティブなメッセージを伝えるため、コミュニティで地道なライブ活動を行っています。 自らを「ポリティカルラッパー」と呼ぶ彼は、政治的・社会的テーマを扱ったラップを得意とし、決して暴力的な内容についてはラップしないという主義を貫いています。

White_Rapper_Show_Jus_Rhymes_011.jpg

そんな彼は、自分達の活動を広く世に知ってもらいたいという思いを旨に、VH1のリアリティ番組「The White Rapper Show」のオーディションに挑みます。 オーディション会場では人種間の結団の大切さについてラップした彼は、見事予選を突破。 10人のファイナリストの1人に選ばれます。

ラップを始めてまだ4年だというキャリアの浅い彼ですが、その聡明なリリックと情熱溢れるラップスタイルは高く評価されます。 彼のラップスキルが証明された印象的なシーンがありました。 ある日、10人のファイナリスト達はヒップホップ発祥の地、サウスブロンクスのバーバーショップへ向かいます。 地元住民たちの前で、1人ずつラップを披露することになった彼ら。 そこで誰よりも高く評価されたのこの Jus Rhyme でした。

Jus Rhyme - Freestyle in South Bronx


Jus Rhyme の真っ直ぐな性格は、番組のいたるところで垣間見れました。 番組でストリップ劇場を訪れた際も 「僕は彼女がいるから」 とダンサーとの接触を拒否。 また、グループで曲をレコーディングする時も、他のメンバーが曲の題材に「煙草」を選んだことに対して Jus Rhyme は断固反対します。

「僕はいつも子供達の前でラップしているから、ラップする内容に責任があるんだ。 
 煙草を吸うことがかっこイイだなんて誤解されたら困る。 絶対に嫌だ。」

White_Rapper_Show_Jus_Rhymes_004.jpg

そんな彼に対して周りのファイナリスト達は辛く当たります。
「あいつのお堅いラップは もう聞き飽きたよ」
「白人のくせに人種がああだこうだラップするなんて変な奴。」

どんどんと孤立していく Jus Rhyme。
そんなある日彼宛に電話が掛かってきます。 それは Jus Rhyme の大学からでした。 番組出演の為 長期欠席していた彼は、これ以上授業を欠席すると奨学金を取りやめると言い渡されます。 番組をとるか、大学をとるか。 彼に決断が迫られます。 悩んだ末彼は番組を続けることを決心します。 それは彼が何よりもヒップホップを愛しているからこその決断でした。

White_Rapper_Show_Jus_Rhymes_003.jpg

しかしそんな彼に別の試練がやってきます。 彼にはラッパーとして大きな弱点がありました。 それは自分が得意とするテーマ以外は全然リリックを書けないという点です。 

それが明るみに出たのは第6回の放送。
その週のファイナルチャレンジで出された題材は 「Thug」。 普段は扱わない題材だけに、Jus Rhyme はリリックを書くのに苦労します。 結果的に彼の書いたリリックの出来は最悪。 審査員の Prince Paul は「聞いているこっちが恥ずかしくなるほど滑稽だ」と酷評します。

このまま Jus Rhyme の敗退が確定かと思われた矢先、優勝候補の1人に数えられていた女性ラッパー Persia がリリックを忘れてしまい途中で棄権するという思わぬ事態に。 結果として Jus Rhyme は運良くその週を勝ち残ります。 

White_Rapper_Show_Jus_Rhymes_008.jpg

遂に Top3 にまで勝ち進んだ Jus Rhyme。
翌週、彼らは映画「8mile」の舞台にもなったデトロイトへ向かいます。 そして3人は地元のラッパー達と自分達の生き残りを賭けてラップバトルを行うことになります。 他人をけなすことを得意としない Jus Rhymes にとってまたもや大きな試練がやってきます。

MCサーチはバトルの前日に3人を呼び寄せてバトルの必勝法を伝授します。

「やるからには相手をコテンパに打ちのめせ」
「相手が言い返せないような欠点を攻撃しろ」
「パンチラインを強調してライムしろ。決して単調にラップするな。」

Jus Rhyme は誰よりも熱心に練習し、夜遅くまで準備に費やします。

White_Rapper_Show_Jus_Rhymes_009.jpg

そしてバトル当日。
「すこし緊張しているけど、相手を完膚なきまでに叩きのめすつもりだ」

彼の相手は地元では有名なバトルラッパーだという La Peace。 自信を持って挑んだ Jus Rhyme でしたが、相手の方が一枚も二枚も上手。 終いには会場から罵声が飛び交います。 それでも果敢にライムするJus Rhyme 。 しかし勝敗は誰が見ても歴然でした。 こうして彼はその週での敗退が決定。 最終回を目前にして彼は番組を去ることになります。

Jus Rhyme - Battle in Detroit


結果として彼は 優勝と大学の奨学金の両方を逃してしまうという残念な結果に終わりました。 しかし現在も学業と音楽を両立して活動を続けているようです。 詳しい活動内容や新曲の視聴は、彼の Offical Myspace にてチェックすることが出来ます。 なかでもメローなピアノの旋律と Jus Rhyme の情熱的なラップが絡み合う曲「More Righteous」 は特にオススメです。

2007年2月24日にウェストミシガン大学で行った彼のライブには、なんとMCサーチ と La Peace が特別ゲストとして駆けつけたとか。 Jus Rhyme は優勝こそ逃したものの、彼が番組を通じて獲た人脈というのは、それに値するものだったのかもしれませんね (*´∇`*)




人気Blogランキングの応援クリックをお願いします

◎ 今日の独り言 ◎
次回は激動の最終回の模様をお伝えします!
果たして優勝の栄冠は誰の手に?? (´∇`)ノ

スポンサーサイト
=4 =0

Comments

ミー様
こんばんわー(´∇`)ノ
コメントありがとうございます。 お元気ですか?


>あの、いつも出ている紅一点の彼女毎回どんどん
>太ってきてしまっている感じがするんですが。。。


あの女性ラッパーはNY出身のPersiaさんという名前で、かなりの毒舌&酒乱で、喜怒哀楽が激しく、番組内でキレたり号泣したりを繰り返しています(+Д+)  一度番組の企画でマラソン大会が行われたのですが、彼女が途中で気分が悪くなり救急車で病院に運ばれるという事態になりました。 その後病院に到着すると気分が良くなり、患者服のまま無断で病院を脱走するというかなりのマイペースぶりを見せていました(笑) 

こんにちは!
彼は今CAなんですね~♪
知らなかったです~

丁度先週番組みて、今後どうなるのかな~って思ってました。私が見たのは今までのダイジェスト?みたいのだったので詳細がイマイチ分からなくて・・・

あの、いつも出ている紅一点の彼女、毎回どんどん太ってきてしまっている感じがするんですが。。。でも、フリースタイルは決行お上手と見ました!
aya10ct様
こんにちわー(´∇`)ノ コメントありがとうございます! そうそう、私も彼のような前向きなラッパーがもっとたくさん いても良いと思うんです。 ギャングスタライフや卑猥なことだけをラップするのがヒップホップではないと思うので。 Jus Rhymeさんの最近のインタビューを見ると、番組終了後にカルフォルニアに戻った彼は、大学側に今回の事情を説明して、無事奨学金を続けてもらえるようになったようです。 良かったですね(*´∇`*) これもひとえに彼の人柄が評価されたんだと思います。
いいですねぇ~
Old Skoolerな私としては、こういうPositiveなメッセージを発するConcious なラッパーに非常に弱いです。あまり進みすぎてRevolutionaryになりすぎてもちとやばいですが(例:Paris)子供たちの為にお手本となるようなメッセージを送るなんて、お母さんとっても目頭が熱くなります。学校行かずに草吸って酒飲んでチェーンだらんとたらして、Boyzとぼけ~っと過ごしてる生活を歌ってるだけの曲が満ち溢れてますが、こういう人ももう少したくさん出てきて評価されてもいいと思うんですけどねぇ~今後の追跡情報も楽しみにしてます!






プロフィール

管理人ケリー

  • Author:管理人ケリー
  • Authorのプロフィール:
    【好きな音楽】 NewJackSwing
    【好きなSinger】 Jodeci
    【好きなRapper】 Father MC
    【好きな映画】 Heat
    【好きな俳優】 Edward Norton
    【好きなType】 Mayte Gracia
    【趣味】 Chill out at cafe
    【特技】 Hip Hop Dance
FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。