あの人今何してるの?

かつて一世を風靡した人達を追い続けるハードコアな独り言の数々

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: ヒップホップ全般

Comment (8)  Trackback (0)

前代未聞のラッパーが登場

Clint_Dempsey_01.jpg


これまたなんとも珍しい経歴のラッパーが登場しました。

彼の名前はジュース(Deuce)。 なんとアメリカ代表のサッカー選手です。
バスケ選手では シャキール・オニール や コービー・ブライアント、アレン・アイバーソン をはじめとして、ラッパーとして活動しているNBA選手は結構いるのですが、サッカー選手(しかもアメリカ)で、ラッパーというのは今回始めて見ました。

Clint_Dempsey_02.jpg

彼の本名はクリント・デンプシー(Clint Dempsey)。 テキサス州出身の24歳。 現在イギリスのプレミアリーグ、フルトンでプレーしている現役バリバリのサッカー選手です。 2006年2月に行われた アメリカ代表 対 日本代表 の親善試合でゴールを決めているので、覚えている人もいるかと思います。 ゴールした後に奇妙なダンスをしていたあの選手です。

メキシコ系移民の父を持つ彼は、幼少期に近所のヒスパニック系の友人達からサッカーを習い、それ以来サッカーの虜に。 テキサス州ダラスにあるサッカーチームのトライアウトに合格し、毎日往復3時間かけて練習に通います。そしてラップを本格的に始めたのは高校生の頃だとか。

「その頃僕が乗っていた車はラジオも何も無くてね。 運転中はずっとアカペラでラップしながら学校に行っていたよ。 一緒に車に乗っていた弟はうんざりしていたけど(笑)」

Clint_Dempsey_04.jpg

学生時代はチームのキャプテンとして数々の賞を総なめにした彼は、大学卒業後にメジャーリーグサッカーのチームからドラフトされプロ選手に。 2004年には新人王を獲得。 同年からアメリカ代表のメンバーにも選出され、一躍アメリカ サッカー界のスター選手へと駆け上がります。 

そんなある日、彼はテレビの取材で得意のラップを披露します。 そのビデオがNIKEの上層部の手に渡り、デンプシーのラップスキルに興味を持ったNIKE側は、2006年のワールドカップのキャンペーンの主題歌として、デンプシーを起用することを決意。 思わぬ形で彼のラッパーデビューが決まります。 デンプシーはシングル「Don't Tread」をレコーディングし、同郷のラッパー Big Hawk との共演を果たします。 

Deuce feat Big Hawk - Don't Tread


「まさかこうして Big Hawk と一緒にレコーディングできるだなんて夢にも思わなかったよ。
 彼は僕の地元では伝説のような存在だからさ。」

しかしこのPVの撮影後ほどなくして Big Hawk は射殺され命を落とします。 
このPVは Big Hawk の姿を見ることが出来る遺作的な作品になりました。

「信じられなかった・・・ 僕は彼のラップを聞きながら育ったのに。 」

Clint_Dempsey_03.jpg

デンプシーは知人のサッカー選手たちに声をかけ、Big Hawkの家族のためにチャリティ試合を開催し、徴収したお金を彼の家族に渡したそうです。

「曲をレコーディングする時、アメリカではマイナーなサッカーというスポーツを少しでも有名にするため、彼は快く僕達に協力してくれた。 残された彼の家族の為に少しでも手助けが出来たらと思ってチャリティ試合を組んだんだ。」

まだまだアメリカではマイナーなサッカーというスポーツ。
少しでも有名にしたいというデンプシーの願いが叶う日はそう遠くないはずです。


人気Blogランキングの応援クリックをお願いします

◎ 今日の独り言 ◎
何を隠そう私はアメリカサッカーの大ファンです。
次のワールドカップの優勝はアメリカ、という大胆な予想をしています(*´∇`*)

スポンサーサイト
=8 =0

Comments

な○こ様
>私は嫁がハリウッド進出を狙ってるとしか
>思えないのですがー(笑)

多分ベッカムがアメリカ移籍した一番の理由はそれなんじゃないでしょうか??(*´∇`*) ただ嫁は歌えないし、演技が出来るとも思えないのですが大丈夫かな? かつてSpice Girls時代に築いた知名度が、今どこまで通用するのかが カギかもしれないですね。 

コンバンハ!ラップが出来るサッカー選手ってちょと意外でかっこいいですね♪しかしオザポンさんがアメリカサッカーのファンだったとは~(´▽`) ベッカムが移籍することで今までよりも注目度も上がるんでしょうかねぇ。私は嫁がハリウッド進出を狙ってるとしか思えないのですがー(笑)
つき様
つき様、こんばんわ~(´∇`)ノ
>私はこっきーさんとは同一人物ではありませんよ~。
すみません、名前を混在してしまいました。
お許しください( T - T )
>アメリカではサッカーはマイナーなのは意外ですね
そうなんです。 野球やバスケにくらべるとまだまだマイナーのようです。 でもアメリカサッカーのすごいところは、あまり人気がないのにもかかわらず、常に世界ランキングの10位以内にランクインしているところです。 歴史は浅いけれども急激に成長しているアメリカサッカー界は、今後要注目です♪(´∇`)ノ
りる様
そう、私も以前アメリカに行ったときに、子供達が公園でサッカーをしているのをたくさん見かけたんです。 「あれ?人気あるじゃーん!」と思ったんです。 どうやらアメリカのプロサッカーリーグの収益が、他の4大スポーツに比べるとすごい小さいらしいで俗に「人気がない」と言われているみたいです。 野球、バスケ、アイスホッケー、アメフトの人気はアメリカでは絶大らしいので(・ε・ ) でもちびっ子にサッカーが人気ということは、10年後ぐらいにはサッカーの知名度もぐんと上がっていることかと思われます。 頑張れアメリカサッカー!(´∇`)ノ
こっきー様
こんばんわー(ノ´▽`)ノ
コメントありがとうございます!サッカー選手兼ラッパーは珍しいですよね。 日本でもJリーグラッパーがいつか出現する日が来るのでしょうか?

>オレもIT企業からラッパーになる日がくるかもしれませそ

ありえますよ! もっといろんなタイプのラッパーが出てきていいと思うんですよ。 こっきー様がMCコッキーとデビューした暁には、いの一番にアルバム買いに行きますよ!(´∇`)ノ

どうもー。元つっきーです(笑 こっきーさんと微妙にかぶるみたいなんで「つき」にかえました。
後、私はこっきーさんとは同一人物ではありませんよ~。

アメリカではサッカーはマイナーなのは意外ですね
今まで知りませんでした(^^;

サッカー選手からラッパーとは・・・・
最近はいろいろな人がラッパーデビューするんですね。これからもがんばってほしいです。

おおっ! サッカー選手がラップって本当に珍しいですね。 ラップと言えばバスケのイメージがありますが、サッカーのバックでもおかしくないですね。
それにしても常々思っていたのですが、アメリカの子供が最初にやるのはサッカーではないかと思うほど地域でリトルリーグのサッカー版が盛んで、スポーツ練習の送り迎えと試合の応援に時間を費やすお母さんに対する「サッカー・マム」という呼び名まであるのに、なんでサッカーはマイナーなんでしょうか? やっぱり大きくなるとバスケやフットボールの方が派手で目立つんでしょうか? 前々回のワールドカップの時にTVで町行くアメリカ人に「サッカーは1チーム何人ですか?」と質問したら、ほとんどの人が「10人」とか「8人」とか適当なこと言ってましたし・・・ 笑

ほう・・・サッカー選手からラッパーへ

誰にでも可能性はあるわけですよね
ということで オレもIT企業からラッパーに
なる日がくるかもしれませそww うぇww






プロフィール

管理人ケリー

  • Author:管理人ケリー
  • Authorのプロフィール:
    【好きな音楽】 NewJackSwing
    【好きなSinger】 Jodeci
    【好きなRapper】 Father MC
    【好きな映画】 Heat
    【好きな俳優】 Edward Norton
    【好きなType】 Mayte Gracia
    【趣味】 Chill out at cafe
    【特技】 Hip Hop Dance
FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。