あの人今何してるの?

かつて一世を風靡した人達を追い続けるハードコアな独り言の数々

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 映画

Comment (18)  Trackback (0)

ミッキー・ロークという生き方

Mickey_Rourke_001.jpg


私の大好きな俳優ミッキー・ローク。

ここ日本では映画 「 ナインハーフ 」 の爆発的ヒットにより、80年代後半には、ハリウッドを代表するセクシーな俳優として日本人女性達の間で一躍旋風を巻き起こしました。 しかしそれ以降彼のキャリアは下降線を辿り、メディアで彼の姿を目にする機会は激減しました。 一体彼に何が起こったのでしょうか? 今日はそんな彼が歩んだ波乱万丈な人生を振り返って行きたいと思います。

ミッキー・ローク こと本名フィリップ・アンドレ・ローク・ジュニアは、1956年にニューヨークで生まれました。 両親は彼が幼い時に離婚。 ミッキーは母親側に引き取られます。 母親ともにマイアミにあるリバティシティと呼ばれる街に引っ越します。 ここは地元でも悪評の高い犯罪多発地域でした。 母親はそこで警察官の男性と再婚。 しかしその再婚相手はミッキーにつらく当たりました。 なにかあればミッキーに容赦なく暴力を振るったと言います。 「最悪の男だった」と語るその義理の父親が、唯一ミッキーにしてあげたことは、ミッキーをボクシングジムに連れて行ったことです。 そこでボクシングに魅了されたミッキーは、次第にのめり込んでいきます。

Mickey_Rourke_2.jpg

アマチュアボクサーとして輝かしい戦歴を残していく一方で、彼は高校の演劇の授業をきっかけに演じることの楽しさを知ります。 役者としての道を進むことを決意したミッキーは、高校卒業後 ニューヨークの名門演劇学校 「Lee Strasberg Institute」 の門を叩きます。 日中は演劇の勉強をしながらオーディションへ通い、夜は酒場で用心棒として働くという生活を始めます。 小さい役柄からコツコツとキャリアを築いていった彼は、1983年にコッポラ監督の「ランブルフィッシュ」で主演のマット・ディロンの兄役を演じ注目を集めます。 

Mickey_Rourke_4.jpg

1986年、大きなチャンスが巡ってきます。 彼が主演した映画「ナインハーフ」がヨーロッパを中心に大ヒットを記録。 一躍ミッキー・ロークの名前が知れ渡ります。 しかしその一方で彼は共演者や監督との確執も多く、ハリウッドの問題児として扱われ始めます。 私生活ではヘルズエンジェルズやIRAと交流を持ち、そのアウトロー的な生き方は 時にマスコミのバッシングの対象となりました。 次第に彼はメディアに背を向けるようになります。

Mickey_Rourke_1.jpg

90年代からはプロボクサーに転向し、一時期ハリウッドから姿を消してしまいます。 1994年に大ヒットしたタランティーノ監督の映画「パルプフィクション」でブルース・ウィルスが演じたボクサーのブッチ役は、元々ミッキー・ロークが演じる予定だったそうです。 しかしボクシングの試合に向けてトレーニング中だったロークはこのオファーを断ったとか。 

Mickey_Rourke_3.jpg

すでに俳優業に対して情熱を失っていた彼は自分をいじめ抜くようにボクシングに没頭します。 リングでの数々の激戦により かつての彼の美貌は失わていきます。 鼻骨、肋骨、足指骨、頬骨の骨折から、脳損傷に至るまでダメージはおよびます。 そんな破滅的な生き方について行けなかったのか、1998年にはモデルの Carré Otis と離婚してしまいます。 

その後ロークは本格的に映画界へのカムバックを決意。 以前はかたくなに拒否していた商業向けのメジャー映画にも積極的に出演するようになり、ここ最近では「Sin City」や「ドミノ」などで強烈な存在感を示しています。 

俳優としての活路を見出したかのように、最近の彼の演技は今までにないくらい とても活き活きと そして力強く映っています。 

20070520105926.jpg

何を隠そう私、ミッキー・ロークの大ファンなんですよ。 波乱万丈の人生を歩まれている方なので、その人間臭さがまた良いです。 この間YouTubeで懐かしい映像を見つけました。 ミッキー・ロークが日本のウィスキーのCMに出ていたときのものです。

Mickey Rourke - TV Commercial


最後に出てくる踊るオジサンの後ろ姿がとても印象的です(笑)
何がともあれ これからの彼の活動がすごい楽しみです。
ミッキー・ロークの復活劇はまだ始まったばかりですぞ (´∇`)



人気Blogランキングの応援クリックをお願いします

◎ 今日の独り言 ◎
大の愛犬家としてもしられるミッキー・ローク。 彼が飼っているチワワ達に
歴代の名ボクサー達の名前をつけているそうです(*´∇`*)

スポンサーサイト
=18 =0

Comments

コヨーテ様
コヨーテ様、はじめまして!( ^ ∇ ^ ) コメントありがとうございます! コヨーテ様も「ホームボーイ」お好きなんですね! 私もです! 「ホームボーイ」も「フリーライド」もミッキー・ロークが脚本書いてるんですよね。 クレジットされているサー・エディ・クックという名前は、ミッキー・ロークという名前で内容を判断されたくないと言う理由から、本名を隠して別名をつけたらしいです。 どちらの作品にも共通していえることなのですが、時代になじめない孤独な男を演じさせたらミッキー・ロークは本当に上手ですよね。 同じくミッキー本人が脚本した「Bullet」という名作もあるのですが、そちらも私の大のお気に入りです。 新作の「レスラー」、すごいイイ作品みたいで、映画祭でも絶賛されたようですね。 各方面でミッキーローク完全復活とか言われているようで、これからがすごい楽しみです!( ^ ∇ ^ ) コヨーテ様、是非また遊びにいらしてくださいね~♪
レスラー
こんばんは、ミッキーローク最新作楽しみですね、サントリーのCMを観てから大好きな俳優です、初めて人前で感涙したのがホームボーイでしたその後観たフリーライドその二作品が自分の今でも忘れられず「ザ、レスラー」期待しています。
台湾人様
台湾人様、こんばんわー( ^ ∇ ^ ) 「ダブルチーム」を初めて見た時、ジャン・クロード・ヴァンダムとミッキー・ロークが共演するのか!とえらい驚いたのを覚えています。 映画の後半でバンダムとミッキー・ロークの対決シーンで、ミッキー・ロークがボクシングのステップを見せたときは、もう興奮しちゃいました!(。→∀←。) ただ、アクションスターのバンダムと戦うにはちょっと無理があったかもしれませんが、それも良しです。 ミッキー・ロークは存在感の役者なので(*´∇`*)
イタリアっぽいセクシーさ
実は私彼がジャン=クロード・ヴァン・ダムと競演した『ダブルチーム』という映画を見て初めて彼のことを知りました。

彼はこの映画で悪役を演じていましたが、結構印象的でした。

イタリア系っぽいセクシーさをしみじみと感じました。
台湾人様
台湾人様、こんばんわー( ^ ∇ ^ ) コメントありがとうございます! 「ナインハーフ」の頃のミッキー・ロークは、最もセクシーな俳優として騒がれましたよね! ここ日本でも当時の彼の人気はすごくて、よくCMとかにも出ていたのを覚えています。 台湾人様はミッキー・ロークの映画の中でどちらがお好きですか?? 私は「ブレット」と「ホームボーイ」が大のお気に入りです♪
アメリカのセックスシンボル
彼も昔はアメリカ合衆国の芸能界でセックスシンボルの存在でしたね。
私個人的には結構好きです。
台湾人様
はじめまして! コメントありがとうございます! 最近のミッキー・ロークは強面のサグなおじさんになりましたよね。 趣味でベンチプレスをしているようで、肩幅などかなりマッチョな体型になったようです。 
最近はハンサムな容姿がちょっと
近年は元々ハンサムだった容姿と体格が変わってしまいましたね。
えり様
こんにちわー(´∇`)ノ 週末雨降らなくて良かったですよね♪ Profyleの3rdアルバムですが、御茶ノ水のディスクユニオンの店頭で今から2年ほどまえに見かけたことがあるのですが、ずいぶん前なのでまだあるかどうか微妙です。 インディーズからの発売のせいかそれ以外のところでは見たことはありません。 タワーレコードとかもやっぱないですか?? 私もTankのアルバムって聞いたことないのですが、ジャケもかっこよくて興味あります。 大学時代はフットボールの選手だったらしく、あのマッチョぶりはそういう理由があったのですね。 あの人はシンガーとしても、プロデューサーとしてもコンスタントに仕事しているようですね。 意外にもオマリオンやマーカス・ヒューストンのアルバムもプロデュースしているみたいです(*´∇`*) 

わたしは、2月に鼻がでたのみで、終わりました。5月はでませんでした。そういえば、去年は、2~4月以外に5月後半に、でましたね。人それぞれ、またその時のその人がいる環境によるのでしょうかね。7年くらい前は、夏にせきがでて、医者に何軒かいって、止まらなくて、最後に、血液検査で、スギ花粉アレルギーとわかり、抗アレルギー薬をもらったら止まりました。それから抗アレルギー薬を飲んでます。まぁ今年は、それも2月に少し飲んだだけです。  音楽の話では、そういえば、去年、お話しした、Profyle のインディーズのアルバム、結局ディスクユニオンから、なしのつぶてです。最近では、他の方のブログで、Tank のアルバムが5月にでたというのをみて、ちょっと聴いてみたいなと思ってます。Tank ちゃんと聴いたことないんですけど、多分好きです。名前もかっこいいような気が・・

えり様
こんにちわー(´∇`)ノ 最近いかがお過ごしですか? 花粉症についてなんですが、今年は例年と かなり違う動きを見せているんです。 いつもは2月~4月ごろに一番症状がでるのですが、今年は3月のみで終わりました。 短い期間でよかったとおもいきや、5月の後半になってまた花粉症の症状が出てきてしまったのです。 いままでこの時期に花粉症になることは一度もなかったので正直驚いています。 新手の花粉が到来したのかな、と思っています。 えりさんは5月はどうでしたか? ちなみに私は市販の「コルゲン鼻炎カプセル」をたいへん重宝しています(*´∇`*)

こんばんは!元気ですよ。肌寒いですよね。わたし、真冬と同じ掛布団のセットで寝てますよ。5月はまだ寒い日ありますよね。もう何年間もそう感じてます。オザポンさん、今年、花粉症はどうでした? わたしは、例年より、とても軽く済みました。 飛散量が少なかったんですかね?
えり様
こんにちわー(´∇`)ノ 元気ですか? ここ最近は肌寒い日が続きますね。 私はこれくらいがちょうどいいのですが。 東京ミッドタウンそばにペットショップがあるとは知りませんでした! チワワは本当に可愛いですよね~ ミッキー・ロークは自分のチワワと一緒に映画に出演したこともあるくらい溺愛しているようです(*´∇`*)

こんばんは!このチワワかわいいですね。そういえば、東京ミッドタウンのそばのペット屋の犬猫たちは、ケージの中で、飛び跳ねててとても元気がよかったです。東京ミッドタウン自体には、まだ行っていないんですが・・
akuto様
すごーい! 「ジョニーハンサム」をご存知だなんて、かなりの映画通でいらっしゃいますねっ!(。→∀←。) 何気にあの映画にモーガン・フリーマンも出ているんですよね。 ミッキー・ロークは孤独な影のある男を演じさせたら右に出るものはいないですよね。 同じ時期に製作された「ホームボーイ」という映画も大好きです。 ヤフオクでビデオ買っちゃいました(*´∇`*)
りる様
おおっ!りる様もロークファンでいらっしゃいましたか!(ノ´▽`)ノ  「ナインハーフ」は地味に続編も作られたようですがコケてしまったようです。 キム・ベイシンガーも出ていないようです。 そういえば「Year Of The Dragon」で名演していたジョン・ローンが、「ラッシュアワーズ2」に出ていたのがすごく意外でした。 ものすごく久しぶりに見た&かなり老けたなぁというのが驚きました。  そうそうロークのあの試合は私もオンタイムで見ていましたよ! なつかしぃ!!(*´∇`*)

ミッキー・ロークの人相が変わっちゃったのはボクシングのせいだったんですか。整形失敗で…みたいなゴシップ記事しか見かけなくて、本当の理由がわからなかったんですよー。

わたしはかつてのかっこいい姿はあまり印象になく、「SIN CITY」での彼の演技が好きです。でも昔の映画でけっこう好きだったのが「ジョニーハンサム」なので、今思えば「SIN CITY」に通じるものがありましたね。

こんにちは(^o^)丿
私、昔ミッキー・ローク好きでした
「ナインハーフ」は彼以外の俳優は考えられないのでは?と思うほどはまっていたと思います
それとジョン・ローンと競演していた「Year of the Dragon」もすごく好きでした~
プロボクサーの最初の試合はまだハリウッド俳優として人気もあり騒がれていた頃ですよね?
あのスケスケの豹柄ボクサーパンツに猫パンチでノックアウト・・・ 懐かすぃです!






プロフィール

管理人ケリー

  • Author:管理人ケリー
  • Authorのプロフィール:
    【好きな音楽】 NewJackSwing
    【好きなSinger】 Jodeci
    【好きなRapper】 Father MC
    【好きな映画】 Heat
    【好きな俳優】 Edward Norton
    【好きなType】 Mayte Gracia
    【趣味】 Chill out at cafe
    【特技】 Hip Hop Dance
FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。