あの人今何してるの?

かつて一世を風靡した人達を追い続けるハードコアな独り言の数々

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: R&B全般

Comment (9)  Trackback (0)

Katinas - サモアの風に吹かれて

Katinas_104.jpg


Katinas のことを知ったのは、YouTubeで見つけた彼らのアカペラ映像を見てからだ。
どこか温かみのある彼らの綺麗なハーモニーは本当に素晴らしかった。
何度もビデオを見直した。 それはまさに一目惚れだった。

Katinas - One More Time


5人兄弟から成る彼らは、かなり珍しい経歴の持ち主だ。 

出身は南太平洋に位置するサモア島。 8人兄弟、4人姉妹という大家族のもとに生まれた。 彼らの父親はベトナム戦争の帰還兵で、多くの帰還兵達がそうだったように、彼らの父親も戦争時に経験した恐怖体験が原因で、その後PTSDと呼ばれる精神ストレス障害に悩まされ続けた。 そんな父親を救ったのは地元の教会だった。 サモア島の住民は敬虔なクリスチャンで、ほぼ100%がキリスト教を信仰しているという。 教会に通うことによって父親の心は洗われ、父親は家族全員と教会に通うようになった。 子供達はそこで歌い始め、Katinas はそこで生まれたのだ。

Katinas_101.jpg

1988年。
彼らはアメリカのワシントン州に移住し、本格的に音楽活動を開始。 当初は Katina Boyz という名前のもと、1991年にインディーズからデビュー。 R.Kelly や DC Talk、エイミー・グランド などの前座も務めた。 その後グループ名を The Katinas に改名し、1999年に再デビュー。 これまでに10枚以上のアルバムをリリースしている長寿グループだ。

Katinas_Album_001.jpgKatinas_Album_002.jpgKatinas_Album_003.jpgKatinas_Album_004.jpg

個人的にちょっと残念なのは、彼らのアルバムにR&B的要素が希薄であるという点だ。 曲の雰囲気はPOP~ソフトロック路線の曲を中心に構成されており、ライブではメンバー自らが楽器を演奏するバンド形式でパフォーマンスしているようだ。 あれほどのアカペラ能力を持ちながら 少々もったいなぁ、とつい思ってしまうのだが、おそらく彼らが進みたい方向性はその路線なのだろう。 とはいえあくまでも彼らのバックボーンはクリスチャン・ミュージックにあることに変わりない。

Katinas_106.jpg

「 サモア島はハワイから2000マイルも離れた所にある島だから、僕達が住んでいた頃はアメリカのレコードとかがあまり手に入らなかった。 そんな時 アメリカ本土に住んでいる親戚がエイミー・グランドのカセットテープをよく送ってくれたんたんだ。 そうして僕達はクリスチャン・ミュージックを聴いて育ち、その素晴らしさを知ったんだ。 」

多くの人にクリスチャンミュージックを聞いてもらいたいという想いのもと、
彼らは今日も各地を廻り、パフォーマンスを続けているのだ。



人気Blogランキングの応援クリックをお願いします

◎ 今日の独り言 ◎
KONISHIKI や ブーヤ・トライブもサモア系アメリカ人です。
最近映画俳優としても活躍しているプロレスラーのThe Rockもそうですね (*´∇`*)

スポンサーサイト
=9 =0

Comments


とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。
赤髭様
赤髭様、こんばんわー(・∀・)  おお、ハードオフすごい行ってみたいんですけど、私の住んでいる周辺に店舗がなくて、まだ一度も行ったことないんですよ~。 CDも売っているとは知りませんでした。 値段とかもブックオフと同じように安めですか?? Tashan懐かしいですね!∑(゜∀゜) FUNKやJazz関係は私はあまり詳しくないので、今度オススメとか教えてください(ノ´▽`)ノ  

BookOffは私的聖地です(笑
この前はハードオフで80~90sなら
Wooten Brothers、Tashan等をGETしました☆
最近はFUNKやJAZZばかり集めてますが自分のルーツは90s(^-^)
えり様
えり様、こんばんわです~(ノ´▽`)ノ  お元気ですか? 昨日も今日もえらい寒いですが、風邪など引いてないでしょうか? 最近電気ケトルというのを買って、水を入れてスイッチを入れるだけで即効お湯が沸けるというやつで、これがかなり重宝しています♪ 寒い夜はミルクティーなどを入れて温まっております。 112も教会で歌を始めたんですね! 彼らが教会でどんな歌を歌っていたのか、すごい聞いてみたいです(*´∇`*)

わたしも The Katinas の R&B が聴きたいです!絶対いいですよね! 112 もたしか全員、少年の頃から、教会で歌ってたそうです。それで喉が鍛えられるんですって。
Hook様
Hook様、こんばんわー(´∇`)ノ お元気ですか? 最近夜はとびきり寒いですね。 そうですよね、教会で歌を始めたというシンガー、すごい多いですよね。 特にR&B系の歌手は、ほとんどがそうなのかもしれません。 ブーヤトライブが踊れるとは知りませんでした。 しかもマイケルのPVにまで出ていたなんて!∑(゜∀゜) 踊る巨体ラッパーと言えば、かつてのHeavyDを思いだしました。NewJackSwingの曲に合わせてド派手な衣装で、バックダンサー達と踊っていたPVを以前見たことがあります。 今のラッパーは全然踊りませんが、P Diddyだけはやたら踊りますよね(笑) ラップのスキル不足を踊りでカバーしたいのかも ( ^ ∇ ^ )

サモア人は仲間意識が強いんですね。
ブーヤートライブのライブでは必ずダンスパートがあるらしくてあの巨体で豪快な踊りをしてました。
ラッパーが踊るなんて珍しいなと思ってたんですが
マイケルジャクソンのPVにも出たことがあるらしいので生粋のダンサーでもあるらしいんですよ。
Katinasと同じように教会でバンド演奏やってたこともあるらしいので音楽に目覚めるきっかけなんですかね教会って。
Hook様
Hook様、こんにちわ~ (´∇`)ノ あの三つ編みのヘアスタイルにはそういった意味があったんですか! 今ではオマリオン君や日本人ラッパーとかもあの髪型にするくらいファッションの一部になっていますが、ツールが戦いの時を意味するとなると。ちょっと複雑ですね。 そのブーヤトライブと小錦は従兄弟らしくて、ブーヤトライブがまだ売れていない頃は小錦の紹介で日本の六本木とかでライブ活動していた時期もあったみたいです (゜∀゜)

LEGACIの伸びのある歌声も魅力的ですが、こちらのほうもやっぱり良いですねえ。両耳の後ろに垂らす三つ編みはサモア人が戦いの時に邪魔にならないようにするためだったものが、ギャングスタラッパーもするようになったって雑誌のインタビューで
ブーヤトライブのメンバーが言ってたので、
黒人音楽と昔から繋がりは深いんですね。






プロフィール

管理人ケリー

  • Author:管理人ケリー
  • Authorのプロフィール:
    【好きな音楽】 NewJackSwing
    【好きなSinger】 Jodeci
    【好きなRapper】 Father MC
    【好きな映画】 Heat
    【好きな俳優】 Edward Norton
    【好きなType】 Mayte Gracia
    【趣味】 Chill out at cafe
    【特技】 Hip Hop Dance
FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。