あの人今何してるの?

かつて一世を風靡した人達を追い続けるハードコアな独り言の数々

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: ジン

Comment (4)  Trackback (0)

ビショップ、ジンについて語る

 
Bishop_WhiteTshirts.jpg


ビショップ・ブリガンテ(Bishop Brigante)が HipHopCanada.com のインタビューで、
ライバルのジンの事や、自身の今後のキャリアについて色々語っています。
興味深い箇所を抜粋してみました。





2005年に行われたジンとの2回目のバトルは、当日急遽決まったそうですが、
どのような経緯でバトルすることになったのですか?


そうなんだよ、あの日バトルを行う予定なんか無かったんだ。
面白い話だから順を追って説明しよう。 

あの日、友達から電話がかかってきたんだ。
ジンが地元トロントのクラブでライブするって聞いてね。
そいつはライブを見に行くって言うから、俺も一緒に行くことにしたんだ。 
もちろんバトルるするつもりなんて全然なかったんだぜ。
ただ奴のライブを覗きに行ったんだよ。 

Bishop_Interview00.jpg

ライブ会場のクラブに到着して、俺は2階にあるVIP席に向かったんだ。
そしたら そこにジンとラフライダースの連中がいてね。
俺の姿を見るなりラフライダースの奴らが、俺に喧嘩を売ってきたんだ。 

「お前 ラジオでジンのことディスしてたらしいな。 ラフライダースをナメてんじゃねえぞ」

とか言ってきてさ。 
そいつら俺の周りを取り囲んで、今にも殴りかかってきそうな雰囲気になったんだ。 
すると どこからともなく俺の地元の連中が集まってきてね。

「FUCK ラフライダース! ビショップ、こいつらやっちまおうぜ!」

って加勢に来てさ。
そしたらジンが俺のところに来て、仲裁に入ったんだ。


JIN「ビショップ、俺達と殴り合う為にここに来たのか?」
BISHOP 「そんなんじゃねえよ。俺はただお前のライブを見に来たんだ」
JIN「俺のことをラジオでディスしてるってのは本当なのか?」
BISHOP 「お前の事を聞かれた時は、いつでもジンはクールな奴だって言っているよ。
 ただ実力は俺の方が上だ、とも言ったけどな」


そうしたらジンのライブが始まる時間になっちまって、奴らはステージに向かったんだ。 
俺はそのままVIP席で奴のライブを見てた。
ライブが中盤に差し掛かったところで、奴が音楽を止めてこう話し始めたんだ。

Jin_StadiamJumper.jpg

JIN 「カナダに来ると、どいつもこいつも同じ質問をしてくるんだ。 『ビショップを倒す自信ある?』って。 そのビショップが今あそこにいるんだけどさ、さっきあいつが『俺はトロント史上最高のラッパーだぜ』って言うのさ。」

そんなの大嘘だよ。 俺はそんなこと言ってないんだぜ。 
観客は俺に向かって全員ブーイングしてきてさ。 笑っちまったよ。

JIN 「オレが奴をコテンパに負かすところ見たい?」

観客が沸き返る中、俺はステージに向かってマイクを手にしたってわけ。
それからどうなったかは、皮肉にも Rest Is History(=皆さん ご存知のとおり) だけどな。



3度目のバトルでは負けてしまいましたが、振り返ってみてどうですか??

誰が見てもわかるとおり、あの日の俺はまるで別人のようだった。
言い訳はしたくないんだけど、いつもの調子が全くせなかったんだ。 あの日JINは完勝だったね。 前回のバトルと違って、今回は前もって予定されていたバトルだったから、ジンは強烈なライムをたくさん用意して来てた。 それが俺には嬉しかったよ。 俺を強敵だと見なしてくれたんだと思う。 あいつはあの夜 本当素晴らしかったね。 奴の成功をこれからも祈っているよ。

Bishop_Interview03.jpg

あのバトルでの敗北から、学んだことがあるんだ。
今まで俺はあんな無残な負け方をした事は無かった。 それまではいつも俺の周りには大勢のダチがいてさ。 でも負けた途端にその大半が俺の元から去って行ったよ。 いい時には集まってくるんだけど、悪い時には背中を向ける奴がこんなにいるんだ、と初めて知ったね。 負けた後も変わらず俺に接してくれる残りの奴らが 俺の本当の友人だったんだな、とわかったよ。



ジンとの関係はどうなんですか? 今後 彼と共演する可能性などありますか?

ジンと俺はクールだぜ。 ビーフがあったのはさっき話した2回目のバトルの時だけだ。 あのバトルの次の日、おれたちはニューヨーク行きの飛行機で一緒になったんだ。 その時に奴と話をしてさ。 お互いリスペクトとする関係になったってわけ。 奴とは共通の友人も多いんだよ。 もしあいつと共演する話が来たら、やってみたいね。 過去にビーフがあったからって、そんなの関係ねえよ。 いいビートと、チャンスがあるなら、当然やるしかないでしょ。



あなたは映画「NARC」にも出演していますが、今後の俳優活動について教えてください

今は俳優業には力を入れていないんだ。
オファーが来るのは どれも同じような役柄ばかりでね。
ゲットー出身のラッパー野郎とか、そういうのを演じるのは正直もう飽きたんだよ。 
もし次やるとしたら、今までとは違う全く別な役をやってみたいね。

Bishop_Interview02.jpg



以前から噂されているデビューアルバムはどうなりましたか?

本当ならあのアルバムは2年前に出る予定だったんだ。
でもミュージックビジネスには面倒な事がたくさんあってね。 横からいろいろ口出しして邪魔する奴らがたくさん出て来るんだよ。 だから、まず俺がやらなくちゃいけないことは、俺の意見を尊重してくれるようなビジネスパートナーを探すことだったんだ。 その環境ももうすぐ準備できるはずだ。 長い間待ってくれているファンには、もう少しだけ辛抱して欲しい。 発売まであと少しだからさ。

Bishop_Interview04.jpg






なるほど~∑(゜∀゜)
バトル前の一触即発の話は とても興味深いですね。 そういう前触れがあって実現したバトルだとは知りませんでした。 度重なるアルバムの発売延期という問題は、ジンも長い間抱えていた問題でしたね。 なんとかしてリリースまで辿り着いて欲しいです。 また、インタビュー内で話題に上がったビショップとジンの共演も、いつか実現して欲しいですね ( ´ー`)





人気blogランキングに一票クリックお願いしませう~ (´∇`)ノ

スポンサーサイト
=4 =0

Comments

めぐみさんへ
ビショップに喧嘩を売ったという「ラフライダースの連中」というのは、たぶん単なる取り巻きの人達だと思われます。 ラッパーの周りには常にいろんな取り巻きたくさんいる、っていうのが定番ですからね (´∇`) そういえばJINのDVD「Making Of A Rap Star」の中でもジンの周りに怖そうな人達が回りに一杯いましたね(笑) あの中の一人に、WuTangのシャイヒームそっくりな奴が写ってたんですが、あれ本人ですかね? すごい気になってるんですが、真相は謎のままです (・ω・)
赤髭様
ビショップはこれまでにONYXやMCライトとも共演経験があるので、是非ジンともやって欲しいです。 まずはデビューアルバムが出ることが先決ですが。 カナダのヒップホップ界って、ココ日本にいるといまいち伝わってきませんが、かなり盛り上がってるみたいですね。 あくまでもネットで見た感触にしか過ぎないのですが。 ビショップは他のカナダ人ラッパーとも色々ビーフがあるみたいで、結構忙しそうです (´∇`)

ケンカを売ってきたラフ・ライダースのヤツらって誰だろう??
Jin本人は、バトル以外では平和主義なのに、HipHopの世界にいる限り、ディスとかビーフは付き物なんでしょうねえ。。。

でも、ちゃんと和解して正々堂々と戦ってよかった。
ビショップも良い人ですね~。

共演マジで実現して欲しいですね~♪これから楽しみです♪






プロフィール

管理人ケリー

  • Author:管理人ケリー
  • Authorのプロフィール:
    【好きな音楽】 NewJackSwing
    【好きなSinger】 Jodeci
    【好きなRapper】 Father MC
    【好きな映画】 Heat
    【好きな俳優】 Edward Norton
    【好きなType】 Mayte Gracia
    【趣味】 Chill out at cafe
    【特技】 Hip Hop Dance
FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。